レビー小体型認知症 家族を支える会
文字サイズ
文字大 文字中 文字小
レビー小体型認知症とは?
 
 
レビー小体型認知症とは?
 
レビー小体型認知症ってどんな病気?
どんな症状?
治療は? 対応は?
さらに詳しく知りたい(特集記事:DLBの医学的な基礎知識)
 
レビー小体型認知症とは?

認知症は、もの忘れのほか、時間や場所がわからなくなったり、だんだんと身の回りのことができなくなったりする病気です。

認知症の種類は、原因になる病気によって70種類くらいに分けられますが、そのなかで多いのが、@アルツハイマー型認知症、 Aレビー小体型認知症(DLB)、 B脳血管性認知症です。それら3つを総称して、“三大認知症”とよばれています。

 
認知症の種類と割合
 
 

レビー小体型認知症(DLB)は、1976年、小阪憲司氏(横浜ほうゆう病院院長、当会顧問)が最初に発見した病気で、近年、世界中で注目を集めるようになった認知症です。わが国では、現在、約50万人の患者さんがいると推計されています。

 
レビー小体の写真
 

頭の断面

レビー小体は、異常なたんぱく質が脳の神経細胞内にたまったもので、主に脳幹(のうかん)に現れるとパーキンソン病になり、さらに大脳皮質(だいのうひしつ)にまで広くおよぶと、レビー小体型認知症(DLB)になります。ただし、原因は今のところ十分にわかっていません。

 

次へ