レビー小体型認知症 家族を支える会
文字サイズ
文字大 文字中 文字小
レビー小体型認知症とは?
 
 
本紹介:『知っていますか? レビー小体型認知症』よくわかる、病気のこと&介護のこと
 
本紹介:『知っていますか? レビー小体型認知症よくわかる、病気のこと&介護のこと
まえがき、目次を読む
(PDF)

『知っていますか? レビー小体型認知症』
−−よくわかる、病気のこと&介護のこと

みんな待っていた!
日本初、レビー小体型認知症のガイドブック

著 ◆小阪憲司[横浜ほうゆう病院院長]
編 ◆レビー小体型認知症家族を支える会
体裁◆A5判◇64ページ◇2色刷り
定価◆1,050円(税込み)

 

「幻視」「パーキンソン症状」「大きな寝言」「うつ」「自律神経症状」etc……。

症状が多彩で、対応が難しいレビー小体型認知症。でも、この病気の症状や特徴を十分に知れば、介護もずっと楽になります。そのために、まずはこの病気をきちんと知る。それが最初の一歩です。

この本には、病気のしくみ、症状、薬のこと、介護の仕方、生活の工夫など、レビー小体型認知症に関するあらゆる知識がつまっています。

発見者の小阪先生が書き下ろし、当会が編集した、レビー小体型認知症ガイドブックの決定版。ご家族、介護職、看護師、ケアマネ、医師の方たちにオススメの一冊です。

この本を購入いただくと小阪先生の著作料分が当会運営費に充てられます。

お求めは、当会、またはお近くの書店、下記のインターネットにて。

アマゾン
www.amazon.co.jpへ(外部サイト)